英語を学べば国際社会で生きていけます|英会話教室で習得できる

2種類のCD

世界

スピードラーニングのCDは英語が流れた後に日本語訳が流れます。ちょっと時間をおいて次の英語が流れるようになっています。この間の部分を有効活用して、シャドーイングやリピーティングを行なえば上達が速くなるはずです。通常勉強する英語と日本語訳が流れるCDの他に、スピードラーニングには英語だけが流れるCDがあります。このCDは通常の勉強をするときには使いません。英語の勉強をする方法としてはシャドーイングなどが行えるCDがあれば問題ないです。ではどのようなときに英語のみのCDを使うかというと寝る前です。
隣に寝ている人がいると、シャドーイングをすることはできません。小さい声でもシャドーイングはできるのですが、その小さい声で寝ている人が起きてしまう可能性があります。なので、寝る前はリスニングだけになるのですが、それだと通常のCDでも良いのではないかという疑問を持つ人がいるはずです。通常のCDでもリスニングはできるのですが、あまりリスニング用としては適しません。なぜならフレーズの間の時間がもったいないからです。ちょっとした間ですが、積み重ねると長い時間になってしまいます。通常のCDだと45分ありますが、英語だけのCDは15分しかありません。また、練習していくうちに英語の意味が分かってきます。そうなると日本語訳が邪魔になるということもあるはずです。
スピードラーニングの英語だけのCDは内容がある程度分かってからでないと使う必要がないので、練習して意味が理解できてから使うようにしましょう。スピードラーニングのCDにはそれぞれ役目があるので、用途に合わせた使い方をするようにします。